スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原で生まれた無邪気な初恋を、変な大人はどう受ける。『たまりば』1巻

 昼間っから多摩の河原でブラブラしている得体の知れない(変な)青年と巨乳の女子高生。
何だか接点のなさげな、あまりにも釣り合いの取れていない二人ですが、女子高生の美和は青年ハルオにどうも恋をしてしまったようなのでした――。

 一回り年下の高校生の美和や二回り以上も年下の彼女の弟達と、お道化のように剽軽な、しかしつかみ所のないやりとりを飄々と続けるハルオ。
 ユニークで強い印象のキャラクターでありますが、「変」なんだけれども微妙に住む世界が違う大人。このハルオの立ち位置が物語におかしみと、そして苦みを加えていくことに。

 周囲からはちょっと浮かれすぎに見えるくらい「ハルさんかっこいい!」と無邪気に慕う美和。
 美和やその弟を相手に剽げながら、彼女たちからは見えない部分で息苦しい事情を抱えているハルオ。
 美和の方から、ひとつの小さなかわいらしい恋が始まっていますが、どうも「憧れの人との素敵な出逢い」だけでは終わらなそう。

 面白可笑しく、そして気安くコミュニケーションを取っているハルオですが、美和に対するそのあしらいは年上故の分別のようであり、彼女を一時の憩いとして活用しているようでもあり。剽軽なお兄さん、というのは彼の韜晦術のようでもあり。

 ハルオと美和とその友達の、恋を媒介としたたまりばとしてある多摩川べり。そこはどうもハルオにとってもしがらみから逃避できる場所でもあるようで。
 愉快にかわいく生まれた恋はどう転がっていくのか。いや、むしろ美和から差し出されたこの小さい恋をハルオがどう処理するのか、と見るべきか。
 若者たちはみんな良い者ばかりなだけに、ハルオがいろいろと「器用」そうなだけに一層気になります。

たまりば 1巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)たまりば 1巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
(2010/06/26)
しおや てるこ

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。