スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりゆくものと、変わらないものと間で生まれた出逢い。『さくらフロンティア』1巻

 美大に合格したばかりの主人公・赤川皆人と、ストリートミュージシャンとしての活動を始めたばかりの天白春。
 桜舞う中出会った二人、建設中の東京スカイツリーが見下ろす町で若者達の「夢」をめぐる物語が幕を開ける――。

 という感じで『ことこと~子と孤島~』で海と空に囲まれた小笠原の自然と人々の触れ合いを描いた竹林月氏の新作は、下町を舞台にした青春ラブコメ。

 建設中のスカイツリーを抱えて変化をしていく町。そこに残昔ながらの銭湯(主人公の実家)に集う人々。
 変わり行くものと変わらないもの、物語はそんな対比を内包しながら、「夢」に対する若者の向き合い方と行動を、夢に向かって実際に行動を起こしたヒロインと、確たる行動を起こせていない主人公を通じて描きます。

 春の夢へのまっすぐな行動を自分のそれと比べて憧憬と焦りを感じる皆人と、皆人の才能を無邪気に称える春。なんだかお互いに気にはなるものの、まだ出会ったばかりで友達といった感じの皆人と春の関係。互いの存在が刺激となってこの関係がどう変化していくか、そして夢への、自分の目標へのアプローチがどう変化していくかに注目。

 1巻ではまだ各キャラの顔見せと物語導入といった感じで、ドラマは大きくは動き出してはおりません。
 が、シンボリックな舞台設定とそれと歯車の噛み合ったテーマは面白さを増していきそうな強い予感があり。春が涙を流す理由は何か、ラストで登場の新キャラは二人の関係に何をもたらすか――物語が動きそうな種はいくつも撒かれた、それがこれからどんな芽を出すかに期待です。

 そして竹林氏が描く物語はいつも近所のじいさん・おっさんといったご近所コミュニティの人たちが魅力的なのが特徴。
 一緒にバカやったりする憎めない存在でありながら、人生の先輩として若人にそれとなく道を道を示せるキャラクターが居ましたが今回はどうか。そちらにも注目。

さくらフロンティア 1 (Flex Comix)さくらフロンティア 1 (Flex Comix)
(2010/05/13)
竹林 月

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。