スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いは妙? でも今の絆は本物。『一緒にかえろう』1巻

 小学生4年生の夏休みに出会いと別れを経験した春と詩緒。春にとっては初恋の人となった詩緒と高校生になって再会を果たしたが、実は詩緒は女の子だったのでした――。

 ちょっとがさつだけれど明るい春と、りりしく見えるけれど本当は泣き虫の詩緒。勘違いの出会いから始まった二人の友情の物語。
 
 人と付き合うことが下手で、クラスメイトの前ではポーカーフェイスを保ちつつも、春の前では不安で泣いてばかりの詩緒。
 ともすれば立ち止まりそうになる彼女を、過去の思い出と「今」を総動員して時に励まし、時に叱咤し向かい合う春。
 一緒になって本気で悩み、泣き、笑いあう二人をものすごく丁寧に描く筆から、二人の気持ちの動きと絆の強さがひしひしと伝わってきます。

 他の友達との嫉妬めいた感情の行き違い、意地悪なクラスメイトの出現などを経験しながら、春と一緒に、少しずつ前に進んでいく詩緒。その不安と前に進む喜びがまるで我がことのように感じられる丁寧な描写。実に巧いなあ……。
 明るい春のキャラが笑いを起こしつつ、でも友達と向き合う姿の真摯さと、ちょっと照れくさいまでにストレートな感情表現でぎゅっとハートを掴んでくる。それによってほぐれていく詩緒の表情がまた破壊力が高くて……。ああもう。

 春と詩緒、それぞれを気にする男子生徒の存在もありラヴな予感も出てきたり、仲良くなった真名と、意地悪な杉山の存在など、クラスメイトも含めたコミュニティの中でこれから二人の関係がどうなっていくかが楽しみ。

 始まりは勘違いの初恋だったけれど、一緒にいる時間で培われた絆は本物。心に沁みる女の子同士の「絆」の物語であります。

一緒にかえろう 1 (まんがタイムコミックス)一緒にかえろう 1 (まんがタイムコミックス)
(2010/05/07)
矢直 ちなみ

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。