スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひ弱さが繋ぐユーモラスな友情。『ひよわーるど』1巻

 この物語は、儚いまでにひ弱な少女・守屋ひよりの、日々を生き抜く闘いの記録である!(ウソTM)

 体力も力も無い、とにかくすぐ魂が出ちゃう守屋さん:通称もーり・またはじゃっく(弱=じゃく、から)。
 さぞかし繊細でたおやかな乙女なのであろう――と思いきや、面倒くさがりで、おまけに自分のひ弱さを利用するしたたかさを持った、何だかミョーなノリの愉快な娘さんなのでありました。

 風に飛ばされ、日光が重いと宣い、息をするのもめんどくさい。普通に生活している中でもすぐにヘタるもーりの虚弱っぷりと、その対応にすっかり慣れているお友達の反応、そして虚弱っぷりをネタに生きるもーりのしたたかさがじわじわと笑いのツボを押し続けます。

 その大変なひ弱さがコミュニケーションのツールであり、強烈な自己主張となっているもーり。彼女がそれを使って作り上げているユーモラスな友達関係が何とも愉快であります。

ひよわーるど

ひよわーるど (1) (バンブー・コミックス)ひよわーるど (1) (バンブー・コミックス)
(2010/04/17)
橘 紫夕

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。