スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうりゅうはようじょだった!――『イエロードラゴンがあらわれた!』1巻

 魔法使いが黄龍をペットとして召喚! しかし、黄龍は何と幼女の姿で顕現したのだった!! 更に「黄龍をペットとして召喚」するのではなく、「黄龍のペット」になる呪文だったのだ! ちなみに黄龍の部下の朱雀は雀です。

 そんな、だいぶアホな魔法使い・エンジと、ちょっとSっ気のある幼女黄龍・きみどりさんの主従関係を軸としたコメディ。

 見た目は幼女、口から吐くドラゴンブレスは寒天のようなぷるぷるした物体……なんともぷりてぃーなきみどりさんですが、そんなんでも中身は最強の霊獣なので本気になったら強いぞ、という。
 見た目相応の子供っぽさというか、世間知らずっぷりを発揮しながらも、自然にエンジを御してしまうのは、きみどりさんのスペック故か、それともエンジが阿呆なのか……。
 凄い存在に傅いているのに、見た目が幼女なせいでアレな人扱いされるエンジが哀れでもあり、それがまたおかしくもあり。そしてそれをどこ吹く風なきみどりさんがまたステキ。

 スペックの高い天然系ボケ役・きみどりさんと、いじめられ系ツッコミ役のエンジとの漫才といった感の安定感のあるやりとりから生み出される笑いが、脇役と絡んで行くことでどう変化を付けていくか。
 1巻のラストで登場したポンコツドラゴンスレイヤーのルッコラの活躍(?)に期待。 

 個人的には巨乳なもえぎさんとの絡みがもっと見たいぞ! と。

イエロードラゴンがあらわれた!

イエロードラゴンがあらわれた 1 (少年サンデーコミックス)イエロードラゴンがあらわれた 1 (少年サンデーコミックス)
(2010/04/16)
田村 光久

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。