スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山猫憑きの少女との不思議な触れ合い――『やまンこ!』1巻

 声に出して読みたいタイトル――ではなくて「山猫」の訛りであり、また「山の子」。
 田舎から出てきた少女・音々子は「山猫憑き」の血筋。吃驚したり感情が高ぶったりすると耳と尻尾が出てしまうので、それを隠し通すのは難儀でありまして――。

 「山猫憑き」といっても憑き物筋の差別とか、憑物の成り立ちの暗い話とか、そういうのは一切無くて、猫耳と尻尾が生えちゃってちょっと身体能力が上がって、勘が鋭くなるよ! でも普通の生活でバレちゃったらちょっと困るよね! というイージーなノリのお話。

 黒髪のロングでツリ目、ちょっと気が強げで、いかにもしっかりしてそうな造形の音々子ですが、意外と感情的で耳や尻尾をぴょこぴょこ出してしまって、それで慌てるのが何だかとても可愛らしい。
 その音々子の山猫憑きの現象を、体に触れる鎮めることができる引っ込み思案の長身少女・眞琴がいるので、耳と尻尾が出ちゃった音々子は彼女をぎゅっとします。これで物語の必然として女の子同士が頻繁に密着しているって寸法さ! そうか、これは百合漫画だったのか――というくらいに、頻繁に密着しております。というか、物語的にもそういう方向かも。

 その他に、天然系ロリっ子・千実がこの世ならざるモノを見ることができる目を持っていたり、不思議要素はありつつも、基本はやっぱり女の子たちのちょっとイイ話な交流の物語。あまり難しいことは言わず、女の子同士がぺたぺたしてる様を「いいなあ」と見れる漫画であります。

 放尿シーンとか、さらしに締め込みとか、ボーボー……じゃないと思う、とかさり気なくマニアックな描写をはさみ込んでくるのはポイント高し。

やまンこ!

やまンこ! 1 (電撃コミックス)やまンこ! 1 (電撃コミックス)
(2010/03/27)
雑破 業

商品詳細を見る

テーマ : オススメ漫画
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。