スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇妙な住人たちとの優しい物語――『境界線上のリンボ』1巻

 人とエルフの間に生まれ、その両種族から疎まれてきた少女・フゥ。故郷を離れてたどり着いた先は、人外の住人達が暮らす、異世界との境界の街「リンボ」。
 奇妙な住人達が暮らす奇妙な街で、フゥと住人たちとの日々の交流を描く、ファンタジー4コマ。

 マイノリティな種族の人々が、それぞれに何らかの事情を抱えつつも自分らしい生き方をすることができている街、リンボ。人々との触れ合いや、不思議な物事との出会いを通じ、ちょっとづつ大切なものを得て行くフゥ、そしてそれぞれの生き方をする人々が優しい視線で描かれていて、読んでいてじんわりと暖かな気持ちになってきます。
 魔法や、魔法を応用した魔導技術が生きている世界感も素朴に、しかししっかりと魅力的に描かれていて、物語を包む柔らかな空気を作りだしております。

 「きららキャラット」掲載らしからぬ――というと語弊があるかも知れませんが、はっきりと独特の物語世界を作りだしている作品。是非この魅力的な世界とキャラクターたちの暮らしを見ていただきたいな、と。

 でも、「リンボ」(辺獄)というストレートな街の名前から、実はこれ、死後の物語なんではあるまいか、と思って見てしまうと微妙に作品の陰が強くなってきますが、これはちょっと穿ちすぎですかね。

境界線上のリンボ

境界線上のリンボ (1) (まんがタイムKRコミックス)境界線上のリンボ (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/03/27)
鳥取砂丘

商品詳細を見る

テーマ : オススメ漫画
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。