スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の根源に繋がる水を掬った短編集『世界の合言葉は水』

 「コミックリュウ」龍神賞は、好きな作風の作家さんが次々と出してくるなあ――。

 というわけで、この単行本も龍神賞作家・安堂氏の初単行本。「リュウ」に掲載された短編9作を収録。

 キーワードは水、というか、生命の根源を水や海といったエレメント:水に託し、するりと物語に染みこませてあります。
 それぞれの話、ポコリ、と起きる不思議な現象は、不思議なんだけれども、何だか当たり前な顔をしていて、開かれた明るい感じでとてもフラット。でも、その現象はどれも生命の根底に結びついていて、小さいスケールの物語なのにとんでもなく深いところに繋がっている、というか。
 うーん、言葉で説明するのは難しいのですが、不思議な空気と魅力を湛えた物語群であります。

 個人的には、こういう感覚ってすごいな! と感心し、そういう繋がりになるか、と唸った「ぎゅう」、海の中の家、そこから経験する天気が不思議で豊かな「海の天気」、不思議な現象とそれに魅せられた男女を描いた「エンガイ」なんかが特に好きです。

世界の合言葉は水

世界の合言葉は水―安堂維子里作品集 (リュウコミックス)世界の合言葉は水―安堂維子里作品集 (リュウコミックス)
(2010/03/15)
安堂 維子里(あんどういこり)

商品詳細を見る

テーマ : オススメ漫画
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。