スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「このマンガが凄いから読め!2010」棘叢庵的お奨め

今年もコミックスの発売は完了し、そろそろ一年の総括をするべぇか、と思っていたところで『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版・2010』の企画にお声掛けいただいたので、渡りに船、とばかりに乗っからせていただこうかと。
一年を振り返ってそれなりに読んだ(でも感想書けなかった……)なぁ、と。あれもあった、これもあったでなかなか選ぶのに難儀もし、それがまた楽しくもあり。
 それでは、以下に私的印象に残った5作品を。


5位:松本トモキ『プラナス・ガール』

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
(2009/08/22)
松本 トモキ

商品詳細を見る

 男の子にこんなにもハートを揺さぶられるなんて!
 可愛いけど男だし男だけど可愛いし――と翻弄されるのがこんなにも甘美だとは。
 本当に男かどうか証拠を掴ませないあたりもまた心憎い。
 女装少年モノという今年躍進したジャンルを象徴する一作ではなかろうか、と。


4位:藤こよみ『このこここのこ』

このこここのこ 1 (IDコミックス REXコミックス)このこここのこ 1 (IDコミックス REXコミックス)
(2009/12/09)
藤 こよみ

商品詳細を見る

家族モノに投げ込まれた変化球。ヒロインの千紘の微妙に可愛らしい屈折っぷりと、主人公遥斗の真っ直ぐさ加減の対比から生まれるドラマが面白くて、くすぐったくて。いやあ家族って本当にいいものですね。
(→感想記事


3位:野村亮馬『ベントラーベントラー』

ベントラーベントラー 1 (アフタヌーンKC)ベントラーベントラー 1 (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
野村 亮馬

商品詳細を見る

のほほん系SF。緻密に世界を構築しているのにこの平和な日常感はステキ。その世界をやっぱりのほほんと暗躍(?)する案外食わせ者なクタムさんがまたステキ。


2位:三上小又『ゆゆ式』

ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2009/03/26)
三上 小又

商品詳細を見る

このセンスは凄い。分からない人には多分全く伝わらないであろう微妙~な感覚。予想もしなかったものすごいツボをこれまた微妙な力加減で押してくるこの恐ろしさよ。天才かも知れない。そしてかわいい。
(→感想記事


1位:つばな『第七女子会彷徨』

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
(2009/07/18)
つばな

商品詳細を見る

SF(すこしふしぎ)の遺伝子を多分に受け継ぎつつ、独特なテンポとギャグを展開。
 キャラ作り、エピソード、ガジェットのユニークさがとにかく印象的で、今後の作品がものすごく楽しみな作家さんの登場ということで。


便宜上、順位を付けましたが、どれも甲乙付がたい素敵な作品ばかり。というわけでその作品に出会った時の衝撃や、この後への期待という意味も含めて、新人作家さんの単行本デビューとなる作品から5作品を選んでみました。勿論、既存作品も好きな作品はたくさんありますが、今回はこれで。
っていうか、今年は本当に感想書けてなかったですわねアタクシ。
来年はもうちょっと何とかします。何とかするんじゃないかな。何とかできるといいな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちはー。凡鳥さんも「こすヨメ」参加されてたんですね。随分フレッシュな選定をされると思ったら、新人さん縛りとは、なるほどです。「第七女子会彷徨」は他の方からも票が入りそうですし、結構上に食い込むかも、ですね。
それにしても「ゆゆ式」は本当に良いですねえ。あの得体の知れないふわふわ感・多幸感を作り出せるのは天賦の才じゃなかろうか。私も新人ダービーでしたら間違いなくコレ入れてます。

No title

どもども。ARRさんのチョイスも拝見しております。
しっかり読ませる作品中心の骨太なラインナップで素敵です。
私も全部読んでおりますよ。

基本的に新人さんの作品は、良い作品に出会えた際のうれしさ、
みたいなモノがあって、ついつい選んでしまいました。
そして発表後にあれもあった、これもあったと思い出す始末ですが。
この縛りなしのランキングなんかも後で発表してみようかな、などと。

そしてまた本年もどうぞよろしくお願いいたします。

No title

ご丁寧にありがとうございます。
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。
twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。