スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異世界の隣人はいい人? 悪い人? 『セカイのミカタ』1巻

 異界との扉が至る所で開く町・万住町。
異世界人とのトラブルに対処する異界管理局、通称「イカイカ」。
 「異界に消えた兄を探す」という目的でそこに勤務し始めた新人職員・カイチと、彼と組むことになった、異界人にしてイカイカ副長のウブメ。
 青い新人と苦い過去を持ったベテランのコンビ奮闘記。

 二人が当たるのは、価値観や命の形が異なる世界が繋がってしまうことで生まれた行き違いから発展してしまった事件。

「この世に正義なんかどこにもない」「扉の数だけ正義は存在する」「僕らは正義の味方なんかじゃない 世界の味方なんだ」

 というウブメの言葉が、イカイカの在り方を良く示しています。相手を理解することが絶対の仕事なのですね。時にそれが全く異質な、相容れない存在だという結果になったとしても――。
 そんな中で見せるカイチ君の愚直さと成長が眩しく、ウブメの苦みを伴った言動は時にずしりと来ます。

 小さな(でも印象的な)事件の解決を積み重ねていく中で、カイチの兄・キイチの存在、ウブメが過去に失ったもの、といったそれぞれが抱えるトラウマと大切なもの、謎の女や「ワラビ」の存在といった謎、それらが徐々に繋がりながら物語世界が徐々に厚みを増して行く様は読み応えあり。

 互いに反目しながらも息のあったコンビニなりつつあるカイチとウブメ。彼らの小気味いい掛け合いを味わいながら、絡み合った伏線がどうなっていくのかが非常に楽しみであります。

セカイのミカタ 1巻 (ヤングキングコミックス)セカイのミカタ 1巻 (ヤングキングコミックス)
(2010/10/30)
鈴木 小波

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。