スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を想うの気持ち、そのかけがえのなさ。『sunny』

 兄夫婦の忘れ形見となった姪と、彼女の高校卒業までの3ヶ月間を同居することになった主人公。
 それまで家に出入していた姪の友人二人も一緒に住むことになり、女子高生3人と大人一人の同居生活の、始まり。

 と、設定だけを書くと何だか嬉し恥ずかしハーレム物のような印象もありますが、さにあらず。

 義姉に想いを寄せていた主人公のハル。
 母親の主人公に対する気持ちを知っていた姪・あきら。
 彼女持ちの男を好きになってしまった友人・絹子。
 憧れの兄の面影を主人公に重ねて見る友人・郁。
 そして残されたあきらの母・ハルの義姉の日記。

 失われてしまった家族が住んでいた家で、その絆を追うように語られていく4人それぞれの思い。

 ちょっと複雑な関係に気持ちが描かれますが、そこにドロドロとした感じは殆どありません。
 人が人を想う気持ちというのは何なのか。結果だけではない、気持ちそのものの大切さが紡がれていきます。

 「好き」の気持ちが持つ優しさ、そんなものを強く感じる作品でありました。

sunny (ヤングキングコミックス)sunny (ヤングキングコミックス)
(2010/10/25)
今村 陽子

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。