スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自意識を思考する青春の日々――『え!? 絵が下手なのに漫画家に?』

 色々な所に掲載された原稿を、エッセイ漫画を中心にをまとめた作品集。
 
 学生時代の、異性や周囲の人との関わり合い方・自分の進むべき道への戸惑いを描いた表題作が描くのは、内向的な若者のデリケートな自意識。
 ただその自意識を描くだけならウェットな青春モノになりそうですが、そのデリケートさに気付きながら客観的な思考によって自分を分析することで、静かでどこか乾いた味わいの可笑しさに仕上げてしまうのが施川氏的な味であります。

 その後に収録されているカラスヤサトシ氏との対談も併せて読むと、恋愛だけでなく、何というかそのデリケートさと思考の末の判断が何らかの行動を抑制してしまう、そんな感覚に非常な共感を覚えてしまうのです。文化系の男子なら多かれ少なかれこの感覚は持っているんじゃないでしょうか。
 しかし、これを厭味や暗さ、湿った感じを持たせずに描けてしまうのはとても素敵なことだと思うのです。

え!?絵が下手なのに漫画家に? (ヤングチャンピオンコミックス)え!?絵が下手なのに漫画家に? (ヤングチャンピオンコミックス)
(2009/11/20)
施川 ユウキ

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。