スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽から始まる三角関係青春ストーリー『アクアリウム』1巻

 ちょっと男子連中から人気があるけれど、そういうことには戸惑があるゆうは実家がアクアリウムの女の子。
 女の子たちと打ち解けられずに、幼なじみの男子二人とだけ仲が良い女の子・さおり。
 さおりの幼なじみであるよしあきが、ゆうの店を訪れたことから、アクアリウムを接点にして動き出す人間関係。

 水槽に興味を持ったさおりと仲良くしたいと思うゆう。
 ゆうと仲良くしたいと思いながら素直になれないさおり。
 そんなさおりとバカをやりながら、ゆうをいじって遊ぶよしあき。
 そして次第によしあきが気になってくるゆうと、二人の関係を気にするさおり。

 ピュアな恋の始まり……の、その始まりといった感じの繊細でちょっとやるせない三角関係。
 ゆうとその親友二人のグループと、さおりとよしあきたちのグループのエピソードを交差させる形でこの小さな恋と変わり始める人間関係を描く青春ストーリー。

 不器用ながら一生懸命な働きかけで人間関係を動かしていくゆう。
 戸惑いながらも心の垣根を取り払っていくさおり。
 そんな二人の間で無自覚に波紋を投げかけるよしあき。
 気を遣うゆうと素直じゃないさおり、繊細な二人に対して、異性を全く意識していない闊達なよしあきの言動がまた対象的で。
 この三人の間で絡まっていく想い・人間関係が実に丁寧に描かれます。
 相手の気持ちと自分の気持ちの距離感、人と仲良くなることの不安と喜び、そこを描くエピソードの積み重ねと筆の繊細さが実に素敵。

 そして、そんな繊細な事情の最中にいるゆうを見守り弄る友人かよ・ちほもまた実にいい味を出しているんです。

 アクアリウムについては物語の触媒、といった感じで、二つの異なるグループのキャラたちが交差するきっかけとなるアイテムであるのと同時に、透明感と青春のきらめき、切なさ、そんな作品全体に漂う空気を象徴しています。
 

 二つのグループの話が入れ替わりで語られるので、連載で読んでいた際には、なかなか話の流れが掴みづらくはあったのですが、単行本の形にまとまってみると、これは実に丁寧かつ繊細にキャラとその心の動きが描かれた作品であることだなあ、と感嘆しきり。
 キャラ立たせ方とか描写も巧みで実に可愛らしい。巻頭描き下ろしの、たい焼きを頭から頬張るかよを見て、きゅっと目をつぶるゆう、のシーン(でもその後ゆうもたい焼きを頬張る)とか、もう、可愛くって、性格をよく表していて大好きで大好きで大好き。

 ともあれ。
 ほろ苦く、かすかに甘酸っぱい、この胸がキュッと締め付けられる切なくなる感じは本物。
 連載読者はもちろん、未読の方や『きらら』系はあまり、という方には是非ともお勧めしたい一冊。是非に。

アクアリウム (1) (まんがタイムKRコミックス)アクアリウム (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/09/27)
博(ひろ)

商品詳細を見る


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。