スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコがお姉ちゃんになりました。『ネコあね。』1巻

幼い頃に両親を亡くした青年・銀ノ介は、祖母と飼いネコの杏子と生活中。
ある日突然、杏子が人間に化けられるように!
 銀ノ介の「お姉ちゃん」になった杏子と、彼女を見守る銀ノ介、そしてお婆ちゃん。「二人と一匹」から「三人」になった家族のおはなし。

 銀ノ介のために、一所懸命に「お姉ちゃん」しようとしている杏子ですが、何せ元がネコなので、やることなすことズレていたり失敗したり。
 世間知らず、というかそもそも人間の常識からちょっぴり外れている杏子の言動がいちいち可笑しいやら可愛いやら。頑張って、上手くいかなくて、でも、ちゃんと「お姉ちゃん」しようとしている杏子がとにかくいじらしい。
 その背伸びっぷりと中身の追いついていなさのギャプがまたかわいい。
 とまあ、トラブルメーカーの困ったちゃんではありますが、どうにも憎めないし、その「お姉ちゃん」であろうとする意思は本物。

 理屈や打算じゃなくて、相手に喜んで欲しいという思い、肩肘張らない無私の愛がお互いになんとなく通じる「家族」という関係。
 普通だったらちょっと照れくさくてなかなか態度や口に出せないソレを、ストレートに出してくる杏子は、とっても眩しい存在。いろいろと危なっかしいお姉ちゃんだけれど。

 ネコ耳美少女と一つ屋根の下! 的なソレとは全く違う、じんわりと温かい家族の絆のお話。
 登場人物たちの優しさが本当にあったかくて、じんわりと心に沁みてきます。
 心の底からおすすめです。是非。

ネコあね。(1) (少年マガジンコミックス)ネコあね。(1) (少年マガジンコミックス)
(2010/09/17)
奈良 一平

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。