スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触手マイスターが人生を賭けて描く『人間失格 壊』

 誰もが知っているであろう太宰の『人間失格』を、「チャンピオンRED」の触手マイスター・二ノ瀬泰徳氏が、大胆な解釈と独特の描写でコミカライズ。

 葉蔵が女装させられたり、異形に触手で嬲られたり、そんな二ノ瀬氏テイスト満載な描写も多く、そのあまりにも特殊で突き抜けた描写からイロモノ扱いをされそうな気もしないでもないですが――。
 実はこの作品、驚くほどに真摯に『人間失格』に取り組んでいるのです。いや、本当に。

 生き辛い故に「お道化」の仮面を被って世間を欺き続ける葉蔵。人間を求め、人間を「失格」してしまった彼の生き様を描く筆は、「チャンピオンRED」に掲載された二ノ瀬氏のインタビューや、その作風から、何だか強い自己投影と情念のほとばしりを感じずにはおれません。

 例えば、葉蔵のお道化が仮面であることを見破り、その後事ある毎に彼の前に立ち現れる竹一姫香。
 原作では少年時代の葉蔵の本質を見破った(かに思える)発言をし、彼を大いに動揺させ、またその後の人生に影響を与えた竹一を、美少女として、そして継続的に登場する常ならぬ存在として描き、そしてあのようなラスト直前のシーンを与えたことは、インタビューでの「現実の女性が嫌いなんですよ」との答えに対して、何と象徴的なことか。

 太宰の『人間失格』は、読者の立場や心持ち、読んだ時の状況によって、恐らく受け取るものは大きく変わって来ます。昔読んだ人も時を置いて読めばまた違った印象を受けるはず。
 二ノ瀬氏がこの作品に真摯に向き合うことで、立ち現れたのがこの異形の、そして失格した人間の物語を描いたことは、二ノ瀬氏の中で何か覚悟の完了とか、一つ突き抜けた何事かが生まれたのではありますまいか。

 葉蔵は物語の最後で「今の私には幸も不幸もありません。 ただ、いっさいは過ぎてゆきます」とあまりにも有名な言葉を残しますが、二ノ瀬氏には、ぜひまだこの過ぎゆく境地には至らず、ひたすらに前へ前へと進んで、もっとすごいものを我々に見せていただきたい。
 本当に、期待しております。

人間失格 壊 (チャンピオンREDコミックス)人間失格 壊 (チャンピオンREDコミックス)
(2010/07/20)
ニノ瀬 泰徳太宰 治

商品詳細を見る

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。