スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧倒的な言語センスと疾走感は健在 『×××のゴアちゃん』

『メガストア』とか『ホットミルク』とか『メガストアH』とか『ばんがいち』とかコアマガジン系の雑誌の他、『ポプリクラブ』だの『エース特濃』だの『コミックマオ』だの、色んなところで掲載された作品を集めたG=ヒコロウ氏約7年ぶりの新刊。
 おかげで巻末の初出表記びっしり、てな感じになってます。

 日記漫画あり、ノンストップで突き抜けていくギャグあり、雑多にいろんなジャンルが混じっているのと、類稀なる言語センスと疾走感で読者をカオスの悦楽へと叩ッ込みます。
 既存の読者には説明不要、新規の読者には「Don't think. Feel!」的なヒコロウ節は健在。この唯一無二のセンスにはただただ圧倒されるばかりであります。

 そして、漫画の他にこれまた色々なトコで発表したイラストも収録。ヒコロウ氏の描く異形の女の子たちはとってもキュートだと思うんです。すごく。

 というわけで、何年経とうが待っていたファンは買わざるを得ない一冊であります。未読の人はこの発売を機に洗礼を受けると良いと思います。

×××のゴアちゃん (メガストアコミックスシリーズ No. 279)×××のゴアちゃん (メガストアコミックスシリーズ No. 279)
(2010/09/18)
Gヒコロウ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

心を読める女の子と、普通の男子の青春。『琴浦さん』1巻

 人の心が読めてしまう女の子・琴浦さん。そんな彼女に惹かれる一般人男子・真鍋君。
 その能力のせいで色々としんどい経験をしてきた琴浦さんは周囲との壁を作りまくりで距離を置こうとしますが、彼女をほっとけない真鍋君は積極的に関わり合おうとするのでした。

 最初は剣呑だった琴浦さんがどんどん可愛らしくなっていくのが見物。それもひとえに真鍋君のアプローチのお陰なわけですが。
 その能力を周囲と関わらない逃げ場にしてしまっていた琴浦さんに、逃げることなく常に正対して、ついにはその能力もトラウマも全部ひっくるめて受け止めて、彼女のハートをがっちりゲットしてしまった真鍋君。男の子かくあれかし、といった気骨ある男子であります。エロスの貴公子ですけれども、それもまた男の子らしくて。
 彼のお陰で笑顔を取り戻した琴浦さんのかわいいことかわいいこと。琴浦さんはマジ真鍋君の嫁。もう彼らには幸せになって貰う他は無いでしょう。

 琴浦さんと真鍋君の幸せなバカップルっぷり、こっちが赤面してしまう程の青くて甘い恋愛劇を演じながらも、しかしどの登場人物もかなり重い背景を抱えていて油断がならないお話でもあります。
 ムードメーカーの部長にしたって、琴浦さんたちと仲良くしつつもその動機に暗い執念の根っこを持っていますし。
 時に重い話を挟みつつ、かわいらしくてユニークなキャラ達の掛け合いでそれを中和しつつ、と苦さと甘さの同居する複雑な味わいの物語であります。重い部分があるから、そのドラマを乗り越えるから陰影が増してキャラが一層魅力的になっているのですよね。その物語の向かう先は常に優しさを持った前向きであるのも希望が持てて、これがまたいい。

 いやまあ、端的に言うと琴浦さんはかわいくて素敵で、真鍋君はそれに見合うナイスな男子である、と。

 Web公開版に格段の加筆修正が加えられていて、第1部なんかはもう殆ど全部新規と言って良いくらいなので、Webで読んだ人もこの単行本版は買う価値ありというかむしろ買え、と。
 未読の人は言わずもがな、ということで。

琴浦さん1 (mmcomics) (マイクロマガジン☆コミックス)琴浦さん1 (mmcomics) (マイクロマガジン☆コミックス)
(2010/07/30)
えのきづ

商品詳細を見る
twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。