スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉敷が舞台の青春百景。『めくりめくる』1巻

 ドラマティックな恋愛劇があるわけでもない。
 激しい感情が動く人間関係があるわけでもない。
 大きな事件が起こるわけでもない。
 ここに描かれるのは、高校生たちの何でもない日常であり、どこにでもありそうな青春の一場面。

 でも、それがたまらなく眩しいんです。
 キャラクターたちの表情が、行動のひとつひとつが、実に生き生きとしていて、気負うことなく青春を謳歌している。
 一生のうち、この時期だけの少年少女の屈託の無い輝きを、見事に切り取っています。

 そして、この作品の舞台は倉敷。
 風光明媚で落ち着いたこの街に、自然に溶け込んでいる飾り気の無い青春の輝きは、なんだかとても心地良くて、青春の時期などとうに過ぎた者としては、強い憧憬の念を抱かずにはおれません。
 いいなあ。ほんとうにコレはいいなぁ……。

めくりめくる 1 (GUM COMICS Plus)めくりめくる 1 (GUM COMICS Plus)
(2010/10/25)


商品詳細を見る

スポンサーサイト

ためらいのないパロディがくだらなくて素敵。『めがらにか』2巻


 1巻もヤバいパロディネタが多かったですが、2巻は、ブレーキ壊れちゃったのかナー、と思うくらいにヤバめかつためらいのないパロディてんこ盛り。表紙からして既にヤバい。

 聖闘士○矢、オ○Q、銀○鉄道999、マク○スF、等々……キャラから台詞回しから一発ネタまで、読んでいるこっちが「アブねえよ!」と突っ込んでしまうバロネタを、次々とブッ込んでおりまして、このバカバカしさとくだらなさが最高に素敵です。もう反則スレスレ、捨て身のギャグ。

 1巻よりもさらにサービスシーン大増量、キャラはどんどん残念な人たちになって、物語は当初の方向性を見失って、いやもう、本当にヒドい。バカじゃねえの!(褒め言葉)

めがらにか 2 (GUM COMICS Plus)めがらにか 2 (GUM COMICS Plus)
(2010/03/25)
高槻 ナギー

商品詳細を見る

テーマ : オススメ漫画
ジャンル : 本・雑誌

光あふれる女の子達の日常――『こもれびの国』

 近代西欧風の世界に暮らす女学生たちの日常の一コマを切り出すフルカラー漫画。

 なんともまあ綺麗であることだなあ。実に可愛らしいことであるなあ。

 他愛ないながらもきらきらしい青春の一場面に光の表現がステキな美麗で細密な画が与える説得力。

 フルカラーでこんなに可愛い画の漫画が読めることの贅沢さよ。ついつい何度も眺めてしまう一冊。

こもれびの国

こもれびの国 1 (GUM COMICS)こもれびの国 1 (GUM COMICS)
(2010/01/25)
得能 正太郎

商品詳細を見る

テーマ : オススメ漫画
ジャンル : 本・雑誌

twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

棘叢庵主人

Author:棘叢庵主人
棘叢庵主人凡鳥でございます。
日々読んだ漫画の感想などを綴っていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。